CBRE/キャピタルマーケット部門の統括責任者に辻貴史氏就任

2019年04月02日 

CBREは4月1日、キャピタルマーケット部門長に辻貴史氏が就任したと発表した。

辻キャピタルマーケット部門長は、物流不動産での実績も豊富なことから、それらの「売買仲介」、「キャピタルアドバイザーズ(金融サービス)」と「ホテルズ」の3つのサービスラインを統括することとなった。

<辻貴史キャピタルマーケット部門長>
辻貴史キャピタルマーケット部門長

CBREの坂口英治CEOは「不動産・金融の専門家として確固たる実績を積みマーケットでの評価も大変高い辻さんをキャピタルマーケット部門の責任者として迎えることを大変嬉しく思う。CBREのプレゼンスが、日本の商業用不動産ビジネスにおいて着実に高まっている現われでもあると考えている。辻さんの入社により、不動産投資ビジネスをさらに進化させる体制が整った。新たなリーダーシップのもと、顧客の不動産投資戦略をささえるパートナーとして、より革新的なソリューションや総合的なサービスを提供できると確信している」と述べている。

■プロフィール
辻貴史(Takashi Tsuji)
CBRE キャピタルマーケット部門長
東京大学工学部卒業。1991年三菱商事に入社。物流本部で国際物流ビジネスに従事の後、1997年から米国三菱商事(ニューヨーク本店)に出向し、ベンチャー投資ビジネスを経験。2002年に帰国後、主に物流施設の開発・投資事業を通じて物流不動産の証券化ビジネスに取り組む。2012年4月、ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント取締役副社長、同年11月に代表取締役社長に就任。2019年4月1日より現職。

最新ニュース