ESR/横浜市の敷地33万m2に物流と工場の複合施設開発

2019年04月01日 

ESRは4月1日、横浜市金沢区幸浦の敷地面積32万9994m2の土地を取得し、日本最大級のマルチテナント型物流施設2棟と工場施設複数棟で構成するインダストリアルパークを開発すると発表した。

<位置図>
位置図

ESR横浜ディストリビューションセンター(DC)は横浜市金沢区幸浦のベイサイドにあり、首都高速道路湾岸線「幸浦IC」より1km、横浜港より15km、羽田空港より30km、東京港より40km、横浜中心部に近く、東京都心まで45kmと日本の物流・国際貿易・経済にとって大変重要で需要の高いエリアに位置している。

さらに2020年に開通予定の圏央道・横浜環状南線により圏央道に直結し、東名高速道路他、主要幹線道路へのアクセスが格段に向上し、首都圏のみならず全国広域への物流拠点として強みを有する。

最寄り駅「並木北駅」より700mと通勤に便利で、横浜市および周辺の豊富な労働人口を背景に雇用確保にも優位な立地。

ESRにとって神奈川県内では「レッドウッド生麦ディストリビューションセンター」に次ぐ、2件目のプロジェクトとなる。

プロジェクトはESRとして初のインダストリアルパーク構想に基づき、マルチテナント型物流施設を2棟・延床面積39万3226m2、残りは工場施設を複数棟建設予定だ。

2020年3月に物流倉庫の1棟目を着工(=第?期)、2021年7月竣工予定。初期投資額は約10億ドル(約1106億円)を見込んでいる。

建物設計については、ESRの基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づき、従業員が誇りを持って快適に働いていけるようなラウンジ・託児所・ショップ他、次世代の物流施設の礎となる新たな設備の導入も予定している。

また、ドローンやAIなど物流の進化を想定し、テナントの高いニーズに応えられる最新鋭の建物を計画している。

さらに、CASBEE(環境総合評価システム)Aランク他、環境に配慮した建築物に対する認証基準を満たし、地球環境と周辺住環境に配慮した省エネルギーで持続可能な物流施設にするとしている。

■ESR 横浜ディストリビューションセンター概要
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目8-1
敷地面積:32万9994m2
用途地域:工業地域
アクセス:車 首都高速道路湾岸線 「幸浦IC」より1km
     電車 横浜シーサイドライン 「並木北駅」より700m(徒歩10分)

■物流施設 概要
延床面積:39万3226m2
構造:4階建て
着工:第1期2020年3月(予定)/ 第2期(物流施設2棟目)2021年2月(予定)
竣工:第1期2021年7月(予定)/ 第2期 2022年6月(予定)

最新ニュース