東日本エア・ウォーター物流/20億円で茨城県茨城町に物流センター建設

2019年03月29日 

東日本エア・ウォーター物流は3月29日、茨城県茨城町に「北関東物流センター(仮称)」を建設すると発表した。

<建設イメージ>
建設イメージ

建設イメージ

土地・建屋などに総額20億円を投じ、敷地2万m2に6600m2の倉庫棟などを建設。4月1日に着工し、2020年1月の稼働開始を目指す。

新施設は北海道と関東地区の各拠点を発着する輸送の保管や仕分けを行う中継基地として利用し、各顧客先に向かうトラックの積載率を高め、効率的な輸送を実現する。

また、周辺地域にある既存の車両基地や外部倉庫を集約するほか、成長分野に位置づける「低温ネットワーク」の戦略的拠点として、冷蔵倉庫を併設。

北海道と首都圏との結節点にある立地を生かし、低温度帯の管理が不可欠な食品物流の荷扱量増加を図るとともに、周辺を発着する海上輸送と陸上幹線輸送の荷扱量を拡大し、北海道と本州全域を結ぶ物流ネットワークを強化することで、より競争力のある物流サービスの提供を目指す。

そのほか、エア・ウォーターグループでは、事業の安定と成長のためにグループの物流一元化を最優先の課題とし、グループの全事業領域を対象に物流体制の見直しを進めている。

新施設は近隣に工場があるエアゾール事業の倉庫としても活用するほか、農業・食品事業と連携し、北海道から運ばれる農産物や北関東近郊で生産される農産物の保管・仕分け作業拠点とすることで首都圏の各納品先へ輸送を行う物流体制の構築を見据えるなど、グループの物流一元化の取り組みにも寄与する。

■北関東物流センターの概要
所在地:茨城県東茨城郡茨城町中央工業団地(北関東自動車道茨城西インター前)
敷地面積:3万m2
建物概要:倉庫棟(鉄骨造平屋)6600m2、うち冷蔵倉庫1320m2
危険物倉庫(鉄骨造平屋)825m2
給油所、整備場、車庫などを併設
総投資額:20億円(土地取得代金を含む)
稼働開始:2020年1月(予定)

最新ニュース