アルプス物流、ロジコム/自動車部品物流で合弁会社を設立

2019年03月29日 

アルプス物流とロジコムは3月29日、合弁会社「アルプスロジコム」を4月中に設立すると発表した。

新会社にはアルプス物流が60%、ロジコムが40%を出資。それぞれが手掛ける自動車部品用の物流サービスについて、大半の国内自動車メーカーへの部品供給実績を持ち、倉庫・運送・物流管理事業を展開するロジコムと、電子部品を中心にグローバルな総合物流サービス事業を展開するアルプス物流のノウハウと知見を融合し、競争力ある高付加価値な物流サービスの構築を目指す。

新会社は、この合弁事業の企画・管理を担当。海外市場をターゲットとして、マーケティング活動や進出計画の立案、事業運営会社の設立などを行い、合弁事業を推進していく。

■アルプスロジコムの概要
設立:4月(予定)
資本金:2億円
出資比率:アルプス物流60%、ロジコム40%
所在地:横浜市港北区新羽町1756
事業内容:自動車部品用物流サービスの合弁事業に係る企画・管理

最新ニュース