CPD、東急不動産/千葉県松戸市で1.6万m2の物流施設竣工、ECが入居

2019年03月29日 

センターポイント・ディベロップメント(CPD)、三菱UFJリース、東急不動産は3月29日、千葉県松戸市で建設を進めていた賃貸用物流施設「CPD松戸II」を竣工したと発表した。

<CPD松戸II>
CPD松戸II

<竣工式>
竣工式

CPD松戸IIは、CPDがアセットマネジメント業務を受託し、CPD、三菱UFJリース、東急不動産が共同出資する松戸2ロジスティクス合同会社を建築主として建設。敷地面積8000m2に延床面積1万6000m2の施設を3月15日に竣工した。

竣工後は、中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラの新しい物流拠点「インアゴーラ ロジスティクスセンター」として、4月1日から稼動することが決定している。

<CPD松戸I(左)、CPD松戸II(右)>
CPD松戸I(左)、CPD松戸II(右)

<広域図>
広域図

<詳細図>
詳細図

CPD松戸IIは、CPD、三菱UFJリース、東急不動産の共同出資で開発した「CPD松戸I」に続き、物流拠点として希少性の高い松戸市稔台工業団地内での2件目の開発プロジェクトで、都心部から20km圏内、東京外環自動車道(外環道)「松戸」ICから4km、「三郷南」ICから6km、主要幹線道路の国道6号線とも至近。

工業専用地域のため24時間操業が可能で、都心への配送拠点や外環道を通じた広域物流拠点としての立地優位性を有している。

また、住宅地と近接し、新京成線「みのり台」駅から徒歩圏内(1km)であることに加え、JR常磐線「松戸」駅とJR武蔵野線「東松戸」駅からバス通勤が可能で、労働力確保にも有利な立地となっている。

<CPD松戸II外観>
CPD松戸II外観

<内観>
内観

内観

施設は、地上4階建てで1階にバースを配置。外壁にサンドイッチパネルを採用し、断熱性と耐久性を高めたほか、倉庫部分は床荷重1.5t/m2(1階は2.5t/m2)、柱スパン11m×10m、梁下天井有効高5.5m、全館LED照明(倉庫内照度250Lx)と、最新の仕様を備えている。

加えて、荷物用エレベーター、カゴ車・パレット兼用垂直搬送機を各2基ずつ計4台設置し、貨物の上下搬送の効率化を図った。

■CPD松戸IIの概要
所在地:千葉県松戸市稔台5-13-3
用途地域:工業専用地域
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
敷地面積:7904.31m2
延床面積:1万6053.82m2
建物構造:鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき4階建
着工:2018年5月25日
竣工:2019年3月15日
施主:松戸2ロジスティクス合同会社

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集