日通/米国・ケンタッキー州レキシントンに拠点を開設

2019年03月28日 

日本通運は3月28日、米国日本通運が、ケンタッキー州レキシントンに営業所を開設し、3月15日に営業を開始したと発表した。

<レキシントンの新拠点>
レキシントンの新拠点

<位置図>
位置図

レキシントンは、大手日系自動車メーカーが工場を構えており、関連するサプライヤーも数多く集積している地域。レキシントン営業所は、中西部を南北につなぐ幹線道路に近接しており、海上輸送では主要鉄道ターミナルであるルイビル駅およびシンシナティ駅から、航空輸送ではシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港からそれぞれ約1時間と物流拠点として好適な立地にある。

米国日通は、同地域に営業所を開設することにより、自動車産業を主なターゲットとし、物流網の構築とともに、顧客へ最適な輸送サービスを提供していくとしている。

なお、業務内容は、航空・海運輸出入フォワーディング業務、国内トラック輸送業務、クロスボーダートラック・鉄道輸送業務(アメリカ-メキシコ、アメリカ-カナダ間)、倉庫業務、引越業務を行う。

■施設概要
名称:米国日本通運株式会社 インディアナポリス支店レキシントン営業所
(NIPPON EXPRESS USA, INC. INDIANAPOLIS BRANCH LEXINGTON OFFICE)
住所:2200 CAMRY COURT, SUITE 125, LEXINGTON, KY 40511, U.S.A.
TEL::+1-859-368-8704(一般)
    +1-859-327-3100(引越)
倉庫面積:2983m2
事務所:190m2

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集