阪急阪神エクスプレス/インド・デリー近郊に新倉庫を開設

2019年03月28日 

阪急阪神エクスプレスは3月28日、インド・デリー近郊のマネサールに新倉庫を開設し、4月1日より営業を開始すると発表した。

<倉庫外観>
倉庫外観

<位置図>
位置図

新倉庫はインディラ・ガンディー国際空港から40km、日系企業が多数進出しているマネサール工業団地にも至近。

マネサールエリアは、自動車産業を中心とした北インド有数の日系企業進出地域であり、GST(それまで中央政府、州政府、地方政府が各々課してきた複雑な14の間接税を統一した物品・サービス税)導入後、いわゆる州跨ぎ税が廃止されたことにより、四輪、二輪関係を中心に倉庫需要が活発化している。このセンターは、輸出入ターミナル機能に加えて、国内輸送のハブセンターとして、在庫管理・流通加工・納品代行までシームレスな一貫輸送を提供していくとしている。

インド法人では、1月にインド当局よりAEO制度の認可事業資格も取得し、この認証は当センターを含むインド法人全拠点に適用される。今後も信頼ある物流事業者として、顧客の多様化するニーズに対応し、インドでのビジネスを拡大していく。

<インド国内12拠点と設立年月>
インド国内12拠点と設立年月

■概要
名称:HANKYU HANSHIN EXPRESS INDIA PRIVATE LIMITED Manesar Logistics Centre
住所:Khasra No. 22//12/2/2; 13, 14, 17/1, 18, 19/1/2, 22/2/1, 22/2/3, 23/2, 23/3, 24/2, 30//2/2, 3, 4, 7, 8 min, 13 min of village Khatawas, Distt. Gurugram (Haryana), India
TEL:+91-99711-15121
延床面積:約4391m2
業務内容:輸出入貨物(航空/海上)取扱、保冷・定温保管
営業開始日:2019年4月1日

最新ニュース