京東集団/上海で中国初の5Gスマート物流モデルセンター建設

2019年03月27日 

ECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう、JD.com)」を運営する京東集団(ジンドンしゅうだん)は3月27日、物流子会社の京東物流が中国初の「5Gスマート物流モデルセンター」を上海市嘉定区に建設し、2019年内に運営開始することを発表した。

<5Gスマート物流モデルセンター>
5Gスマート物流モデルセンター

新施設では5G(第5世代)ネットワーク通信技術を活用し、AIやIoT、自動運転、ロボットなどのスマート物流技術と設備を融合。人や機械、車、設備を連携させ、自動運転・自動仕分け・自動検査システム・ヒューマンインターフェースで設備全体を管理し、5G技術を使用した物流応用モデルを構築する予定だ。現時点では、スマート人員管理システムとスマート車両管理システムを完成させ、利用を開始している。

<機械・車両による巡回検査と人的警備を融合したリアルタイム監視・コントロール>
機械・車両による巡回検査と人的警備を融合したリアルタイム監視・コントロール

<AR眼鏡で指示を可視化し、作業者の商品識別スピードを向上>
AR眼鏡で指示を可視化し、作業者の商品識別スピードを向上

デジタル化された倉庫では、5G技術による自動入庫・出荷の照合や、リアルタイムの在庫管理、倉庫とロボットのシームレスな統合、AR作業、荷物追跡が行われる。

京東物流は、新施設をきっかけに中国国内の大手5G運営企業と提携し、より多くの機会で5G技術を応用するほか、物流の全工程で人・設備・データの一体化と物流センター・倉庫・配送車などの物流設備の一体化を実現するとしている。

最新ニュース

物流用語集