新名神高速/開通により東名阪道の渋滞が大幅に減少

2019年03月27日 

国交省、NEXCO中日本、三重県、四日市市、鈴鹿市、亀山氏、いなべ市、東員町、菰野町は、新名神高速道路(新四日市JCT~亀山西JCT)、東海環状自動車道(大安IC~東員IC)が開通して1週間が経過したが、その交通状況(速報版)を発表した。

<新名神の交通状況>
新名神の交通状況

<東海環状道の交通状況>
東海環状道の交通状況

それによると、新名神(新四日市JCT~亀山西JCT)での交通量は4万6600台/日で並行する東名阪道は(四日市JCT~亀山JCT)の交通量は約3割減少した。

東海環状道(大安IC~東員IC)の交通量は3400台だった。既に開通している(東員IC~新四日市JCT)の交通量は約6割増加した。

東名阪道(四日市JCT~亀山JCT)では、1週間の渋滞発生回数が29回から7回に大幅減少した。

最新ニュース