日本IBM/医薬品などのサプライチェーンでブロックチェーン技術活用

2019年03月27日 

日本IBMは3月27日、ブロックチェーン技術を用いて、医療・製薬業界での安全、効率的、かつ規模の拡大に対応できる情報交換の仕組みの構築を推進するため、製薬企業や医療団体など20の企業や団体と2018年10月から協議を行い、医薬品などのサプライチェーンや医療データ交換のプラットフォーム構築に向け、関連する実証実験を本年中に実施することを目指すと発表した。

医療・製薬業界では、医療関連データ管理でのセキュリティー向上や医薬品のサプライチェーン、電子カルテや診断データなどの医療情報の管理といった観点でブロックチェーン技術の適用に対する注目度が急速に高まっている。ブロックチェーン技術の活用により、信頼性の高いデータに対して素早く安全にアクセスすることができ、個々の患者の利便性の大幅な向上、偽造医薬品の低減、より効果的な研究開発の促進、新たなビジネスモデルの推進を可能とする。

国内外ではブロックチェーン技術の業務適用を目的に、さまざまな業界で実証実験が活発に行われているが、探索を含む初期段階的な実験が多くを占めている。

日本IBMは製薬企業や医療団体などとブロックチェーン技術を医療・製薬業界の情報交換の仕組みとして活用することを検討し、業界横断的な課題の解決や新たなビジネスモデル構築を推進するとしている。

■概要
検討領域の例
 医薬品などのサプライチェーンへのブロックチェーン技術の適用
 EHR/PHRなどの医療関連データ・プラットフォームへのブロックチェーン技術の適用

参加企業(五十音順)
アステラス製薬
協和発酵キリン
グラクソ・スミスクライン
塩野義製薬
第一三共
大日本住友製薬
武田薬品工業 湘南ヘルスイノベーションパーク
田辺三菱製薬
中外製薬
ロシュ・ダイアグノスティックス
他7社

参加団体(五十音順)
ITヘルスケア学会 医療ブロックチェーン研究会、国立病院機構京都医療センター他1団体

オブザーバー
神奈川県

最新ニュース