Hacobu/バース管理ソリューションのユーザー数が1000拠点突破

2019年03月27日 

Hacobuは3月27日、MOVOバース管理ソリューションがリリースから1年でユーザー数が1000拠点を突破したと発表した。

<日本全国に広がるユーザー物流拠点のネットワーク>

MOVO(ムーボ)バース管理ソリューションとは、IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」上で提供しているバース管理(トラック予約・受付)ソリューション。

物流拠点でのバースの予約、受付およびドライバー誘導に関わる業務のデジタル化を実現するクラウド型ソリューション。物流拠点でのトラック待機の削減と効率的な入荷・出荷の実現、実績の見える化を通じた業務改善のサポートを目的としている。

ムーボIDを持っているユーザー1000拠点では、同一のアカウントで複数の流通事業者への納品の予約が可能。予約をする納品事業者および受け入れる流通事業者の物流拠点のIDはそれぞれ名寄せされており、紐づけを行うだけですぐに取引関係が作成され、予約の運用が開始できる画期的な仕組みとなっている。

事業者の垣根を超えて共通のシステムが使われることで、予約する側(納品事業者側の配車マンやドライバー)が複数のシステムを使う煩雑さが回避される。また、ムーボ・バース管理ソリューションは、入出荷両方の業務に活用できるため、納品事業者は納品先への予約と自社拠点(工場または在庫保管倉庫/センター)での入出荷を、同じシステムで管理することができる。

最新ニュース