京セラ/50億円投じ、滋賀野洲工場内に新工場棟建設

2019年03月26日 

京セラは3月26日、滋賀野洲工場の敷地内に新工場棟「29号ビル」を建設すると発表した。

<新工場棟の完成予想図>
新工場棟の完成予想図

総額50億円を投じて、延床面積1万3000m2の建屋を建設し、2020年4月に稼働させる。

新工場棟の建設は、京セラが進めているAIやロボットなどの先端技術を活用した工場での生産性倍増に向けた取り組みの一環。

大阪大東事業所から生産プロセス・設備の研究開発拠点を、滋賀八日市工場から各工場・事業所向け生産設備製作拠点を新工場棟へ集約し、開発・製作スペースを2倍に拡張することで、よりスピーディな開発体制を確立する。

■滋賀野洲工場29号ビルの概要
建設地:滋賀県野洲市市三宅800(滋賀野洲工場)
構造:鉄骨造4階建
建築面積:3849m2
延床面積:1万3305m2
着工:4月3日
操業:2020年4月予定
投資総額:50億円
生産品目:自社生産設備の開発・製作

最新ニュース