ケネディクス商業リート/38億円で埼玉県嵐山町の物流施設取得

2019年03月26日 

ケネディクス商業リート投資法人は3月26日、埼玉県比企郡嵐山町に立地している「武蔵嵐山配送センター」の信託受益権を取得した。

<武蔵嵐山配送センター>
武蔵嵐山配送センター

<周辺図>
周辺図

取得価格は38億7936万円。主力の生活密着型商業施設以外の資産を取り入れ、ポートフォリオの分散と充実を図る観点から、3月12日に三井住友ファイナンス&リースと売買契約を締結していた。

武蔵嵐山配送センターは、1階にトラックバースを備えた3階建て延床面積3万5000m2のボックス型施設で、大手3PL事業者が全棟を賃借し、近隣に工場を有する荷主の配送センターとして使用している。

関越自動車道「嵐山小川IC」から2kmの距離にあり、同道を介して首都圏向けの毎日配送や週数回配送などを行える地区で、24時間操業が可能な工業団地内に立地している。

■武蔵嵐山配送センターの概要
所在地:埼玉県比企郡嵐山町花見台3-2(住居表示未実施)
敷地面積:2万642.59m2
延床面積:3万5448.76m2
竣工日:2009年4月30日
テナント総数:1社
稼働率:100%
取得日:3月26日
取得価格:38億7936万円
取得先:三井住友ファイナンス&リース

最新ニュース