鴻池運輸/インドで自動車鉄道輸送事業に参入、運行開始へ

2019年03月25日 

鴻池運輸は3月25日、2017年からインド国内で展開している鉄道コンテナ輸送事業(CTO)に加えて、インド国内で生産される自動車の鉄道輸送事業(AFTO)にも参入し、自社専用の自動車輸送車両を1編成投入し、デリー・バンガロール間の路線で運行を近日中に開始する予定と発表した。

<新たに稼働開始したAFTO専用車両>
新たに稼働開始したAFTO専用車両

<AFTO専用車両>
AFTO専用車両

<編成された車両の様子>
編成された車両の様子

<鴻池運輸とACTLの幹部>
鴻池運輸とACTLの幹部

この事業は、鴻池運輸が2016年10月にAssociated Container Terminals Limited(ACTL)と合弁設立した、鉄道コンテナ輸送事業(CTO)会社「Joshi konoike Transport&Infrastructure Pvt.Ltd.」(JKTI)が、生産販売を拡大するインド国内の大手自動車メーカーからの要請に応えるものとして、4月からまずは27両を連結した1編成(小型車約300台前後の完成車を搭載可能)の自社専用車両でサービスを開始する。

すでに、4編成分の発注は完了しており、残る3編成が納入されれば輸送可能台数は約4倍に拡大する見込みだ。さらに、今後2年間で9編成にまで拡大し、その後も積極的に追加車両を投入する計画。

現在、、インドでは2020年に予定されている日印国家プロジェクトによるDFC(貨物専用鉄道)の開通を前に、各貨物車両メーカーは生産能力を大きく上回る受注を抱えており、納車に大きな遅れが出始めるなどの課題も生まれている。

さらに、JKTIでは、CTO事業においても3編成目となる自社専用車両をこのほど投入、4編成目も発注済みであり、今後もさらに能力を増強していく予定だ。

なお、KONOIKEグループは、2019年4月1日付でインド統括本部を設置、インドでの鉄道輸送事業やメディカル事業を成長事業の一部と位置づけ、積極的に市場開発を進めていくとしている。

■JKTIの概要
商号:Joshi konoike Transport&Infrastructure Pvt.Ltd.
本社所在地:M-26,Main Market,Greater Kailash-Ⅱ,New Delhi-110048,India
設立:2016年10月7日
資本金:約3億6600万円
決算期:3月31日
出資比率:鴻池運輸51% ACTL49%
事業内容:鉄道コンテナ輸送事業(CTO)、自動車鉄道輸送事業(AFTO)

■ACTLの概要
商号:Associated Container Terminals Limited
本社所在地:M-26,Main Market,Greater Kailash-Ⅱ,New Delhi-110048,India
ICD,Secter-59,Faridabad,Haryana-121004,India
設立:1992年10月22日
資本金:約1億9100万円
決算期:3月31日
事業内容:ICD(インランド・コンテナ・デポ)運営

関連キーワード:

最新ニュース