日通/新中期経営計画の推進へ、4月15日付で組織改正

2019年03月22日 

日本通運は3月22日、2019年度にスタートする5か年中期経営計画を推進するため、4月15日付で組織改正を実施すると発表した。

本社組織を「グローバル営業戦略本部」「海外事業本部」「日本事業本部(新設)」「ネットワーク商品事業本部」「コーポレートサポート本部(新設)」「CSR本部(新設)」「経営戦略本部(新設)」の7本部に編成。

また、「ビジネスソリューション部門」「日本事業部門」「コーポレートソリューション部門」「経営戦略部門」の4部門を設け、「ビジネスソリューション部門」にグローバル営業戦略本部と海外事業本部を、「日本事業部門」に日本事業本部とネットワーク商品事業本部を、「コーポレートソリューション部門」にコーポレートサポート本部とCSR本部を、「経営戦略部門」に経営戦略本部を配置する。

そのほかには、海外管理部の名称を「海外事業統括部」へ変更する。

「日本事業統括部」を新設し、同部へ事業収支改善推進部を移管(移管後に事業収支改善推進部を廃止)する。

「経理部」と「財務企画部」を新設し、財務部の業務を分割移管する(財務部は移管後に廃止)。

業務部の安全関係業務と、総務・労働部の衛生関係業務を所管する「安全衛生推進部」を新設する。

CSR部の名称を、「CSR推進部」へ変更する。

グループ経営管理部の業務のうち、財務企画部に移管する一部以外を経営企画部へ移管し、グループ経営管理部を廃止する。

経営企画部にIR専任の組織として「IR推進室」を新設。また、総務・労働部が所管していた秘書室を経営企画部の所管に変更する。

最新ニュース