JD.com/10秒で2000件のバーコードをスキャンするシステムを運用開始

2019年03月22日 

JD.com京東日本は3月22日、京東物流が10秒で2000件の商品バーコードを読み取れるマシンビジョンシステム「秒収(ミョンシュウ)の運用を開始したと発表した。

<秒収システムで商品バーコードをスキャンする様子>
秒収システムで商品バーコードをスキャンする様子

「秒収」は京東物流が自主開発したマシンビジョンシステム。高度なアルゴリズムとマシンビジョン技術により、画像の解読・修正・識別を行い、同時にコードの読み取り・情報の収集・倉庫への入庫・貨物の分類など複数の作業プロセスを完了させ、作業プロセスの完全なスマート化・自動化を実現する。

「秒収」システムの導入により、商品入庫時に大量のバーコード読み取りと情報収集、自主デバッグが実現し、従来の手作業と比較すると10倍以上の効率改善が可能になる。

なお、これまでの入庫プロセスでは、人手でバーコードリーダーを使用し、商品に付けられたバーコードを一つひとつスキャンしていた。また、配列が密な上、バーコードのサイズが小さく様々な種類が混在しているため、スキャンミスの発生などが課題となっていた。

今後、「秒収」システムを多くの企業・業界に提供し、費用対効果の高い製品とサービスへの貢献をするとともに、スマートサプライチェーンの構築を目指す。

<バーコード面の上から下を自動でスキャン。ハードシステムには超高感度改造率と視覚動態フォーカスなどを高度な機能を備えている>
バーコード面の上から下を自動でスキャン。ハードシステムには超高感度改造率と視覚動態フォーカスなどを高度な機能を備えている

「秒収」システムの概要は、「秒収」のビデオカメラ部分を整列された商品のバーコード面に向けると、バーコード面の上から下を自動でスキャンする。また、商品が乗ったパレットが回転し、4面すべてをスキャンする。スキャンが完了すると、パレットに乗った商品すべてが入庫完了となる。

10秒で2000件の商品バーコードを読み取る高速スキャンに対応するため、ハードシステムには業界最高級の16Kラインスキャンカメラを採用しており、超高感度解像率と視覚動態フォーカスなどの高度な機能を備えている。

最新ニュース