日本コンセプト/千葉・神戸で倉庫兼作業施設を増築

2019年03月19日 

日本コンセプトは3月18日、ガスタンクコンテナサービスを提供している千葉県富津市の京葉臨海支店と神戸市中央区の阪神支店を増強すると発表した。

<京葉臨海支店(ガス破壊設備棟)>
京葉臨海支店(ガス破壊設備棟)

<阪神支店(ガスタンクとテント倉庫)>
阪神支店(ガスタンクとテント倉庫)

顧客の新たなニーズに対応するため、作業スペースが手狭になってきた京葉臨海支店と阪神支店で倉庫兼作業施設を増築する。

また、京葉臨海支店で提供している顧客から回収したフロンガスの破壊(無害化)ニーズが西日本地区でも見込まれることから、2018年1月に開設した阪神支店でも破壊設備を構築する。

順次、工事に着手し、倉庫兼作業場は2019年秋の、ガス破壊設備は同冬の完成を予定している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集