JOIN/上組らとミャンマー・ティラワ港穀物ターミナル事業推進

2019年03月19日 

海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)は3月19日、ミャンマーのティラワ港での穀物ターミナル事業へ参画するため、上組と現地企業 Lluvia Limitedが設立したInternational Bulk Terminal (Thilawa) Company Limited(IBTT)へ約17億円を出資することを決定し、1月29日に国土交通大臣の認可を得、本日上組とLluvia及びJOINの間で株主間契約を締結したと発表した。

出資額は3者合わせて約71~72億円になる。

<事業スキーム>
事業スキーム

<位置図>
位置図

<完成イメージ>
完成イメージ

IBTTはティラワ港 Plot30・31の一部において、穀物用サイロと倉庫を備えた、穀物・飼料等のバルク貨物専用のターミナル。このターミナルはミャンマー港湾公社とのBOT契約を基に開発され、2019年4月完工、2019年5月の営業開始を予定している。

ミャンマーは民政移管後の経済成長に伴った食の多様化が進んでおり、小麦等の穀物の輸入量が増加している。また主要生産物であるコメは広く世界に輸出されている。これまでミャンマー国ではこれら輸出入の殆どはコンテナで行われているが、今後更なる貨物量増加に伴い、大量輸送により物流コストを削減できるバルク船及び穀物サイロによる食料輸出入へのシフトが見込まれる。

上組が日本国内で培った食品安全管理や効率運営などのターミナル運営ノウハウの海外展開を支援し、ミャンマー国の食料事情改善に資する貿易量拡大と経済発展に貢献していくとしている。

なお、Lluvia Limitedは、大手総合商社である三菱商事と、現地コングロマリットであるCapital Diamond Star Groupが出資・運営する食品関連会社。

■ターミナル概要
敷地面積:約8万m2
岸壁:230m(Plot 30&31)
ドラフト:9m
許容本船全長/載貨トン数:200m/2万DWT
取扱能力:年間約100万トン
運営期間:2064年まで

最新ニュース