サイブリッジ/佐川急便などと宅配ボックス実証実験で提携

2019年03月18日 

サイブリッジグループは3月18日、オープン型宅配ボックス「ERYBOX」の実証実験で、佐川急便(SGホールディングス)、ココネット(セイノーホールディングス)と連携すると発表した。

<ERYBOX>
ERYBOX

<オープン型宅配ボックス利用のフロー図>
オープン型宅配ボックス利用のフロー図

実験では、杉並区、足立区、中野区など都内5か所で今春稼働予定のERYBOXを使用。佐川急便とココネットが扱う荷物の指定先ERYBOXへの配達や、佐川急便の再配達受取場所としてのERYBOXの指定、ユーザーへのメール・SMSによるERYBOXへの配達通知を行う。

今後、サイブリッジグループは、ERYBOXについて実証実験で挙げられた課題の改善・解決を行った後、台数や提携するEC事業者、物流事業者を拡大するほか、都内外の自治体との取り組みも予定。

また、24時間可動しているスペースとして、通常の荷物受け取りに留まらず利用方法を拡大する方針で、物品の受け渡しやERYBOXの電源を拠点としたサービスなどで、事業者との提携を推進していくとしている。

最新ニュース