Hacobu/MOVOバース管理ソリューションに新機能追加

2019年03月14日 

Hacobuは3月14日、IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」上で提供しているバース管理ソリューションで、拠点管理者向けの新機能を追加したと発表した。

バース表上の確定予約カードを時間変更後に確定ボタンを押さずに呼出ボタンを押すと、自動で変更後の情報に確定し変更後の情報で呼出がなされるようにしたほか、バース表上の予約カードについて、確定ボタンを押す必要のあるカードに斜線が表示されるようにした。

また、バース表について、バース名の表示順序を変更できるようにした。

MOVOのバース管理ソリューションは、専用機器やアプリのダウンロードなどが不要で、納品車両情報の事前共有や納品予定バースの自動割当、バース予約機能と受付機能の連携が可能。

Hacobuは、今後も引き続きユーザーの要望に基づいて、バース管理ソリューションの機能を強化していくとしている。

最新ニュース

物流用語集