日本郵便、メルカリ/首都圏5郵便局に無料の梱包スポット設置

2019年03月14日 

日本郵便とメルカリは3月14日、首都圏5か所の郵便局にメルカリ出品者が利用できる無料の梱包資材を備えた梱包場所「つつメルすぽっと」を設置し、実証実験を開始したと発表した。

<つつメルすぽっと>
つつメルすぽっと

設置場所は、立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局。

日本郵便とメルカリが2017年6月に開始したメルカリ出品者用配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」の利便性向上に向けた取り組みで、各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了する。

利用方法は、メルカリ出品者が出品時の配送方法としてゆうゆうメルカリ便を選択し、取引成立後につつメルすぽっとが設置されている郵便局に商品を梱包せずに持ち込む。つつメルすぽっとで適切なサイズの梱包資材を選んで商品を梱包し、「ゆうプリタッチ」で出力した伝票を貼って発送する。

今後は、実証実験の結果を踏まえ、つつメルすぽっとの展開地域の拡大を検討していく。

最新ニュース