メディパルHD/温度管理医薬品流通にRFIDタグ活用

2019年03月13日 

メディパルホールディングスは3月12日、RFIDタグを活用した温度管理医薬品トレーサビリティの確立に向けた実証実験を、4月上旬から開始すると発表した。

実験では、温度管理が可能なRFIDタグを使用し、医薬品物流拠点のALC(Area Logistics Center)から外来患者への投薬直前や、入院患者のベッドサイドまでの状況を追跡。リアルタイムな温度管理や在庫の状況、投与確認が可能となる仕組みを構築し、医療安全への貢献と最適な流通品質管理の実現を目指す。

その後は、2019年秋頃までに実験の有用性を評価し、2019年度内をめどに厳格な温度管理が必要とされる医療用医薬品のプラットフォームサービス「METLOS-WiE(メトロス・ウィー、Medical Temperature Logistics Solution Wise & Economy)」として提供開始を予定している。

最新ニュース