NTTドコモなど/LTE通信用いた物流ドローン、レベル3の飛行実験成功

2019年03月12日 

自律制御システム研究所(ACSL)は3月12日、モバイルネットワーク経由での自律飛行に対応した物流ドローン(セルラードローン)を開発し、NTTドコモ、日本郵便と、レベル3(補助者無しでの長距離目視外)環境でのLTEを活用したドローンの自律飛行実証実験に成功したと発表した。

今回の実験には、ドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能を適用。また、ドローンにはACSLが開発したLTE通信による広範域のテレメトリ情報・映像通信が可能で、従来の通信機器分の重量を荷物増量・飛行距離拡大に割くことができる機体を採用した。

実験は、ドコモと日本郵便の協力のもと、3月11日に福島県南相馬市の小高郵便局~福島県双葉郡浪江町の浪江郵便局間で飛行しているドローンによる郵便局間輸送業務で行われ、9kmもの長距離にわたりドローンのレベル3運用に必要な映像や各種信号が、LTEネットワーク経由で安定して伝送できることが確認された。

最新ニュース