佐川アドバンス/健康経営優良法人2019にSGHDグループ初の認定

2019年03月12日 

SGホールディングスグループで保険販売事業・燃料販売事業・企画販売事業・施設運営事業などを展開する佐川アドバンスは3月12日、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人 2019」にSGホールディングスグループで初めて認定されたと発表した。

<健康経営優良法人2019のロゴ>
健康経営優良法人2019のロゴ

認定にあたっては、産業医、保険者、投資家等から構成される基準検討委員会より策定された「経営理念・方針」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」の 4 項目とも基準を満たしていたこと、健康経営度調査の内訳項目では「方針の明文化」「経営層の関与」「施策の実行」「健康診断結果等の指標の把握」等で高い評価を受けた。

佐川アドバンスでは、3つの健康宣言を掲げ、経営、健康保険組合、従業員が一体となり、健康を意識した経営に取り組んでいる。

3つの健康宣言とは、「社員(従業員がもてる能力を十分に発揮し、幸せに働くことのできる職場環境づくりを推進」「健康保険組合と連携し、社員の健康意識の向上に努める」「社員の自立した健康保持・増進活動を積極的に支援する」。

なお、健康経営優良法人制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の活動をもとに、従業員の健康に特に配慮した経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰するもの。

最新ニュース