ターキッシュカーゴ/貨物便でサーカスの子ライオンをアフリカに輸送

2019年03月12日 

ターキッシュエアラインズの子会社ターキッシュカーゴは3月12日、動物保護のため貨物便で、ウクライナのサーカスにいた子ライオンのネイサンとその姉妹ライオンのルカ、チャーリー、カイをキエフからイスタンブールを経由して、南アフリカの自然へ送り届けたと発表した。

<アフリカへ送り届けられた子ライオン>
アフリカへ送り届けられた子ライオン

<子ライオンをアフリカへ輸送 ターキッシュエアラインズ提供>

ライオンの移動には、飼育員、獣医、ローレンス・アンソニー・ワールド・オーガニゼーションの2人の職員が同行し、フライト中健康な状態を保てるように設計された「国際航空運送協会 生動物規則(IATA LAR – International Air Transport Association Live Animals Regulations)」が認定する特別なコンテナでライオンは輸送された。

子ライオンのネイサンと3姉妹のルカ、チャーリー、カイは、ウクライナにあるサーカス団の動物として、鉄柵に囲まれた35m2のコンクリート上で、日も当たらず、きれいな空気もない自然とはかけ離れた劣悪な環境で暮らしていた。動物の保護活動を行う「ローレンス・アンソニー・ワールド・オーガニゼーション(LAEO – the Lawrence Anthony World Organization)によってライオンたちは救出され、 ターキッシュ エアラインズの航空貨物ブランドであるターキッシュ カーゴにより、南アフリカの自然に帰されたもの。

野生動物の違法取引を減らし、業界内で違法取引に対する認知を高めることを目的とした「バッキンガム宮殿宣言(Buckingham Palace Declaration)」を2017年に批准したターキッシュ エアラインズは、 輸送プロセスと動物の権利を重要視。

ターキッシュ カーゴは、「ワシントン条約(Washington Convention」と「IATA動物輸送規則」を動物の受入れ、収容および積載のプロセスにおいて遵守し、上空を飛行中でも、生息地の状態に近づけるなど輸送環境を整え、ガイドラインに従い、詳細な記録を行い、細心の注意を払って動物を檻に入れ、ラベリングおよびマーキングなどを行っている。

最新ニュース