日通商事/長野に整備工場と事務所棟からなる新工場を竣工

2019年03月11日 

日通商事は3月8日、長野県長野市に整備工場と事務所棟からなる新工場を2月27日に竣工したと発表した。

<外観>
外観

<内観>
内観

長野新工場は、従来の工場の約2倍の広さの敷地に最新のリフト機器を備えた4つの整備ドックと自動検査ラインを有する整備工場棟となり、車両整備ドックでは、通り抜け可能で一方通行の安全な導線を確保するなど、大幅に作業効率が改善した。

さらに、検査ラインは、トレーラの車検整備にも対応可能な大きさを確保し、重機整備ドックには、50tクラスのホイールクレーンが整備できるよう、揚重能力5tと2.8tの天井クレーンを新たに設置するなど、従来の工場と比較して格段に整備能力の向上が図られた。

新たに事務所棟に入居した長野営業センターと日通エネルギー関東長野支店北信販売所ともども、長野地区において総合力を活かした地域貢献に努めていくとしている。

■施設概要
住所:長野県長野市大字稲葉字上千田沖329番1
敷地面積:4152.12m2
整備工場:541.79m2(作業場床面積)
事務所棟延床面積:536.56m2
主要業務:車両・建設機械の車検・点検・修理 等

最新ニュース