JICA/スリランカに300億円の円借款、コロンボの輸送力を増強

2019年03月11日 

国際協力機構(JICA)は3月11日、コロンボにて、スリランカ政府との間で、「コロンボ都市交通システム整備事業(第一期)」を対象として300億4000万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印したと発表した。

この事業は、コロンボ市及び近郊におけるLRT(Light Rail Transit)システム(高架軌道・16駅、総延長15.7km)の整備により、輸送能力の増強と公共交通サービスの安全性・快適性の向上を図り、大気汚染等の交通公害減少による都市環境の改善と、同地域の社会経済活動の活性化を目指すもの。

今後の事業実施スケジュールは、事業の完成予定時期が2026年4月(施設供用開始時をもって事業完成)となっている。

最新ニュース

物流用語集