日本郵船/親子向けイベントで大型船や海運業の魅力紹介

2019年03月07日 

日本郵船は3月2日、グループ会社の日本海洋科学で親子向けイベント「きみは船長!!~大型船のひみつを学ぼう~」を開催した。

<シミュレーターを使った操船体験>
シミュレーターを使った操船体験

<ブロック教室>
ブロック教室

イベントでは、抽選で選ばれた親子14組が、船や航海士の仕事について学ぶプログラムに参加。

船長と航海士が実際の訓練で使用する360度の大画面シミュレーターを使い、子供たち同士で協力し、多くの船が行き交う東京湾での大型自動車船の操船体験を楽しんだ。

また、ブロックで船を組み立てながら船の形や仕組みを学ぶブロック教室や、一般的な地図では見慣れない独特の記号や海の交通ルールを調べながら、安全に航海するための航路を海図上に書き込む海図教室を体験した。

参加した子供たちからは「どうやったら船乗りになれるのですか」、「船や海に興味を持ちました」などの声が寄せられた。

イベントは、若い世代への海事思想の普及や、海運業の認知度向上を目指して2014年に開始した「郵船みらいプロジェクト」の一環で、毎日メディアカフェとの共催によって実施された。

最新ニュース