ホームロジ/スワップボディコンテナ中継輸送、トライアル

2019年03月07日 

ホームロジスティクスと富士運輸は3月6日、静岡県浜松市のコネクトエリア浜松で、スワップボディコンテナを活用した中継輸送のトライアル運行を実施した。

<スワップボディコンテナを切り替える様子>
スワップボディコンテナを切り替える様子

<中継輸送のトライアル運行の式典>
中継輸送のトライアル運行の式典

このトライアル運行を開始として、今後はコネクトエリア浜松を中計拠点とする埼玉県白岡市の関東DCと兵庫県神戸市の関西DC間の中継輸送を本格的に運用していくことになる。

スワップボディコンテナを活用した中計輸送を開始することで、ドライバーの負担を軽減させ、働き方改革や女性の活躍にもつなげていくとしている。

最新ニュース