ZMP/宅配ロボット「CarriRo Deli」を事業パートナーへ先行販売

2019年03月06日 

ZMPは3月5日、宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」の限定先行販売を開始した。

<CarriRo Deli>
CarriRo Deli

ZMPでは現在、ロボット技術を活用した配送の省力化や新たな価値創出を目指すサービス事業者を対象に、実用化に向けた事業パートナーを1業種1社、合計10社限定で募集しており、今回、同事業パートナー向けに5台を先行販売する。

<販売する機体のラインナップ>
販売する機体のラインナップ

販売する機体は、4色のカラーバリエーション(レッド、シルバー、イエロー、ブルー)、3種類の宅配ボックスタイプ(1、4、8ボックス)から、用途に応じて選択できる。

また、ZMPでは、宅配ロボットのみならず、CarriRo Deliを活用したサービスプラットフォームも提供。自律移動が可能なCarriRo Deli本体のほか、遠隔監視・操作システム、走行位置管理を行うROBO-HIシステムを提供し、事業パートナー側のシステムと連携することで、実用サービスも提供可能となっている。CarriRo Deliの販売価格は、システム対応範囲、走行エリアや活用内容に応じて事業パートナーに提示する。

今回の限定先行販売によって、事業パートナーのサービス実用化に向けて、配送サービスの運用や新たなビジネスモデルの検証、開発のさらなる加速に寄与する考え。

最新ニュース