三菱ふそう/名鉄運輸へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車

2019年03月06日 

三菱ふそうトラック・バスは3月5日、名鉄運輸へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車した。

<名鉄運輸納入車両>
名鉄運輸納入車両

名鉄運輸では、グループ全体で環境負荷の軽減に取り組んでおり、騒音がなく、排出ガスゼロの電気トラック「eCanter」が集配用トラックに選ばれた。

また、環境負荷軽減だけではなく、従来のディーゼル車と比較し、騒音がなく、振動が少ないことでドライバーへの精神的・身体的な負担を軽減することで、労働環境のさらなる改善が期待される。

名鉄運輸の内田社長は、「企業としての社会的課題への取り組みは、全社を上げて取り組む中期経営計画の重点課題。環境負荷の少ない車両を導入し、利用価値を高め、さらに拡大することで地球環境保持に取り組んでいきたい。また、騒音や振動が少ない電気トラックの導入で、ドライバーの労働環境改善の一役を担えると期待している」とコメント。

三菱ふそうトラック・バスの松永会長は、「CO2排出削減とドライバーへの負担軽減という大きな社会的課題を、車両のメーカーとユーザーが手を携え取り組んでいくことを発表したという、大変意義のある納車となった。今後、こうした取組が日本全体に広がっていくことを期待している」と述べた。

最新ニュース