鴻池運輸/33.7億円投じ、愛知県愛西市に飲料配送センター建設

2019年03月05日 

鴻池運輸は3月5日、愛知県愛西市で新配送センターを建設すると発表した。

<完成予想図>
完成予想図

新センターは、大手飲料メーカーの各種製品(ビール、洋酒、食品など)の保管・配送拠点として開設するもの。

土地代含め33億7000万円を投じ、東名阪自動車道・弥富IC付近の用地1万8000m2に延床面積1万5000m2の規模で建設し、2020年5月の竣工、稼働開始を予定している。

鴻池運輸が愛知県下に設置する3つ目の物流拠点で、稼働開始後は、既存の大府配送センターとともに、より大量の製品を取り扱う事が可能となり、今後さらに予想される飲料製品の生産・販売量の増加に対して、東海エリアで安定的な倉庫運営・物流サービスを提供していく。

■配送センターの概要(予定)
住所:愛知県愛西市西保町
敷地面積:1万7708m2
延床面積:1万4983m2
構造:鉄骨造り3階建て
着工:4月
竣工:2020年5月
搬送設備:EV1基、垂直搬送機3基
温度:常温倉庫
積降バース:13バース
駐車場:大型20台、乗用車40台
従業員数:30名
投資額:33億7000万円

最新ニュース