国交省/AI・ロボット技術で交通運輸の安全・生産性向上、研究課題公募

2019年03月04日 

国土交通省は3月4日、交通運輸分野の政策課題の解決を目指すため、交通運輸技術開発推進制度の2019年度新規研究課題の公募を開始した。

交通運輸技術開発推進制度は、民間を含めた研究実施者から広く研究課題を募ることで、交通運輸分野の政策課題解決に向けた優れた技術開発シーズを発掘することを目的とした競争的資金制度。

毎年度、交通運輸分野の政策課題の解決に資する研究開発テーマについて研究課題の公募を行っており、2019年度は「AI、ロボット技術等を活用した交通運輸分野における安全性・生産性の向上に資する技術開発」をテーマに研究課題を公募する。

公募期間は3月4日~4月12日まで。研究期間は3年以内、研究費は総額6000万円以内(初年度の研究費は2000万円以内)とする。

なお、同制度の概要と応募方法について、3月14日に神戸で、15日に東京で、研究実施者向けの説明会を開催する。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集