ナビタイム/トラックカーナビに危険物積載車両のルート案内機能

2019年02月28日 

ナビタイムジャパンは2月28日、地図上に危険物積載車両情報を表示し、その情報を考慮したルート案内ができる新機能の提供を開始した。

<サービスイメージ>
サービスイメージ

新機能は、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」と、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」で提供。

危険物積載車両の通行禁止・制限区間を地図上にアイコンとラインで表示し、自動的に回避するルートを検索・ナビゲーションする。

地図上で規制区間が可視化されることで、迂回ルートの選定や運行計画の策定がしやすくなるほか、初めてのルートでも安心して走行することができるようになる。

危険物積載車両の規制情報を地図上に表示する機能の提供は、カーナビアプリで日本初の取り組み。

今後は、法人向けサービス「NAVITIME API」に対しても同機能を提供し、運送業向けの配送システムや動態管理システムなどに簡単に組み込めるようにする。

最新ニュース