SGリアルティ/グループ従業員向けシェア型住宅を江東区東砂に竣工

2019年02月28日 

SGリアルティは2月28日、東京都江東区で、SGHグループ従業員を対象としたシェア型住宅「SGHレジデンス東砂」を竣工したと発表した。

<SGHレジデンス東砂 共有スペース1>
SGHレジデンス東砂 共有スペース1

<SGHレジデンス東砂 共有スペース2>
SGHレジデンス東砂 共有スペース2

遊休地化していた土地を有効活用した集合住宅開発となり、シェア型住宅はSGリアルティ初の試みとなる。

敷地は東京メトロ東西線南砂町駅より徒歩約13分、SGHグループの本社等まで徒歩圏内に位置し、快適な通勤環境を提供する。また、公園やショッピングセンターなどが近接する、緑豊かな環境かつ、利便性に富んだ住環境。

住宅はシェア型住宅特有の共用スペースを2階部分に設置し、キッチン&ダイニングやジム、キッズスペース等を設け、入居者間のコミュニケーションの醸成及び健康増進を図る。また、エントランスや2階の共有スペースには、グループ会社である佐川林業の木材を使用しており、和の雰囲気と温かみで居住者
を迎える。

なお、SGリアルティでは、物流不動産に捉われない多種多様なアセットへの投資を推進しており、物流施設の開発で培ってきたノウハウをもとに、「商業施設」「ホテル」などの不動産への展開もしている。

■物件の概要
施設名称:SGHレジデンス東砂
所在地:東京都江東区東砂
敷地面積:460.50m2
延床面積:2194.49m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上13階建
住戸個数:42戸(単身者向け 34戸、ファミリー向け:8戸)
共用部:キッチン&ダイニング、ジムスペース、キッズスペース、シアタールーム、たたみスペース、スタディースペース
竣工:2019年1月
入居開始:2019年4月(予定)
入居対象者:SG ホールディングスグループの正社員

最新ニュース