パナソニック/100台同時動作できる自律走行搬送ロボット発売

2019年02月27日 

パナソニックは2月27日、自律走行・低床型搬送ロボット「STR-100」を発売した。

<STR-100>
STR-100

STR-100

STR-100
STR-100は、高さ132mmの低床型ボディにより、既存のカゴ台車を改造することなく潜り込むことが可能。同時に、低床型でありながら最大質量800kgを搬送可能な高出力を実現した。

また、床面の工事や磁気テープの貼付を必要とせず、電子地図を基にした高精度な自動走行が可能で、搬送対象のカゴ台車の位置を認識し、自動的にカゴ台車の下へ潜り込み、持ち上げて固定する機能(自動把持機能)を有している。

<自動進入・自動把持のイメージ>
自動進入・自動把持のイメージ

<群制御のイメージ>
群制御のイメージ

さらに、専用の群制御システムソフト(NM-BTS100)を用いた独自アルゴリズムによって複数の分岐ポイントを同時制御し、最大100台までの同時動作が可能。制御対象の搬送ロボットや、走行ルート・エリアの設定・変更は、PC上で簡単に行うことができる。

パナソニックでは、STR-100を物流業界での「現場プロセスイノベーション」を実現するソリューションとして提供し、物流現場の省人化・自動化ニーズに寄与していく方針。

■主な仕様
走行方式:二輪速度差方式による直進、後進、旋回、カーブ
移動速度:(前進)最大60m/min、(後進)12m/min
可搬質量:最大800kg
誘導方式:電子地図に基づく自己位置推定誘導方式

最新ニュース

物流用語集