川崎汽船/20万重量トン型鉱石船を竣工

2019年02月26日 

川崎汽船は2月26日、今治造船の丸亀事業本部で建造していた20万重量トン型ケープサイズ鉱石船「CAPE SAPPHIRE」が竣工したと発表した。

<CAPE SAPPHIRE>
CAPE SAPPHIRE

新造船は、国内製鉄会社向けの鉄鉱石と石炭の輸送に従事する。

現在竣工しているケープサイズバルカーの中でも世界トップクラスの技術を集結させた最新鋭船で、ばら積み貨物船のための共通構造規則CSR-BC(Common Structural Rule for Bulk Carrier)に対応するほか、主機関には低温腐食対策が強化された電子制御エンジンを搭載した。

また、推進効率向上のためにプロペラ前方にWAD(Weather Adapted Duct)を、プロペラ後方にはHybrid Finを搭載し、省エネを実現。

さらに、2020年1月から世界全域で施行されるSOx排出規制に対応するため、エンジンから排出されるガスから硫黄酸化物を除去するスクラバーを煙突部に搭載している。

■CAPE SAPPHIREの概要
主要寸法:全長299.95m×幅50.00m×深さ24.70m×喫水18.32m
載貨重量:20万8564トン
総トン数:10万7454トン
主機関:MES MAN-B&W 6G70ME-C9.5
航海速力:14.5ノット
船級:日本海事協会(NK)
船籍:日本
建造所:今治造船 丸亀事業本部

最新ニュース