エアロネクスト/福岡市で2019年春にドローン配送の実証実験

2019年02月26日 

エアロネクストは2月26日、大手物流企業と協力し、福岡市でドローンによる配送実証実験を2019年春に行うと発表した。

<実証実験で使用する水平輸送用ドローン>
実証実験で使用する水平輸送用ドローン

実証実験は、上空シェアリングサービス「sora:share」を提供するトルビズオンと結んだ業務提携による取り組みの一環。

福岡市などが目指すFukuoka Smart East構想の推進に協力し、エアロネクストの重心制御技術「4D Gravity(R)」を搭載した水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」を使った日本初の都市部での配送実証実験を実施する。

<トルビズオンの増本代表取締役(左)、エアロネクストの田路代表取締役CEO(右)>
トルビズオンの増本代表取締役(左)、エアロネクストの田路代表取締役CEO(右)

エアロネクストは姿勢制御を中心としたドローン・アーキテクチャの研究開発を、トルビズオンはドローンユーザーと土地所有者が上空使用権を取引できるWebプラットホーム「sora:share」の運営を手掛けている。

両社は、今回の業務提携で、ドローン飛行のための上空権市場の創造と、新しい空域の経済化というビジョンを共有し、エアロネクストの水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」の技術面での安全性の担保と、トルビズオンが取り組む社会受容性を高めるための上空シェアリング事業を組み合わせることで、力を合わせ推進することに合意した。

最新ニュース

物流用語集