商船三井/シンガポール政府系エネルギー会社とLNG供給船の傭船契約

2019年02月25日 

商船三井は2月25日、シンガポールの政府系エネルギー会社Pavilion Gas Pte Ltd(PGPL社)と、同国で運航されるアジア最大の1万2000m3型LNG燃料供給船の長期傭船契約を締結したと発表した。

<コンテナ船へLNGを供給するLNG燃料供給船のイメージ図>
コンテナ船へLNGを供給するLNG燃料供給船のイメージ図

LNG燃料供給船は、2021年前半にPGPL社に引き渡された後、シンガポールで2隻目となるLNG燃料供給船としてサービスの開始を予定している。

シンガポールでは、2020年1月から始まる船舶の硫黄酸化物(SOx)排出規制強化に伴う船舶燃料としてのLNGの世界的な需要増大を見越し、海事港湾庁がLNG燃料を供給するインフラの整備に注力し、LNG燃料の供給港としても最大の拠点となるべく政策を掲げている。

また日本政府も、2016年にシンガポールを含む7か国と「LNGを船舶燃料として開発するための協力に関する覚書」を締結し、シンガポールとLNG燃料の活用や枠組み作りに協力している。

今回の長期傭船契約は、商船三井が民間レベルでの協力体制強化に向けて、PGPL社とともに進めるプロジェクトの一環。LNG燃料供給船の建造をシンガポールのSembcorp Marine Groupの造船子会社であるSembcorp Marine Specialised Shipbuilding社に発注し、船舶管理のパートナーには同国の大手燃料バージ会社Sinanju Tankers Pte Ltdを起用する。

■LNG燃料供給船の概要
全長:112m
全幅:22m
LNGタンク:メンブレン方式(GTT社Mark III)
造船所:Sembcorp Marine Specialised Shipbuilding
タンク容量:1万2000m3
主機関:電気推進Azimuth Thruster 2基
航海速力:11.5ノット
船籍:シンガポール
その他:燃料タンクから発生するボイルオフガスを再液化して利用可能

最新ニュース