日通/インテル、ハネウェルと協力、IoTで輸送状況可視化サービス開発

2019年02月25日 

日本通運は2月25日、インテル、日本ハネウェルとの協業のもと、最新のIoT技術を活用して医療品や精密機械など厳格な品質が要求される輸送の状況を可視化する新サービス「Global Cargo Watcher Advance」を開発し販売を開始した。

<概要図>
概要図

サービス概要は「NEX-SOLUTION Global Cargo Watcher Advance」(GCWA)により、貨物に取り付けられたセンサータグ(子機)が、温度・湿度・衝撃・傾斜・照度・位置などのデータを計測、トラックや倉庫内に設置されたゲートウェイ(親機)を通し、データをクラウド上にアップロードすることで、顧客と日通の双方で輸送状況をリアルタイムに把握できるサービス。

<協業体制相関図>
協業体制相関図

顧客は、専用のWEBサイトを通じて貨物の所在把握や各項目の計測情報をグラフで閲覧できるため、データの収集や分析にかかる時間などの手間を削減し、物流の省力化・効率化が図れる。

このサービスは、インテルのテクノロジーを活用し、ハネウェルがセンサータグとゲートウェイ、WEBサイトを用いたデバイスとシステムを構築、日通が物流サービスとして「Global Cargo Watcher Advance」を顧客へ提供することで、物流におけるIoT活用を実現している。

このサービスは、近年ますます厳格な温度管理が求められる医薬品や、わずかな衝撃も許されない精密機器、高度なセキュリティが求められる高価値なコンシューマーデバイスの輸送等、輸送品質の担保が求められる顧客からの要望に応えるべく開発されたもの。

なお、日通とインテル、ハネウェルは、顧客の利便性向上と、生産性の改善や労働力不足といった物流業界が抱える課題の解決に向け、物流のIoT 化推進について協業することに合意し、過日、各社が提供する技術やサービスの成長・発展のため、相互協力の促進を目的とした覚書を締結した。この枠組みのもと、今後、蓄積した輸送情報をAI/機械学習を用いてビッグデータとして活用し、GCWAの機能強化を図っていくとしている。

最新ニュース