プロロジス/人材定着支援、従業員定着支援アプリのテガラミルと業務提携

2019年02月21日 

プロロジスは2月21日、従業員定着支援アプリ「テガラみる」を提供しているテガラミルと業務提携したと発表した。

<テガラみる>
テガラみる

<管理画面>
管理画面

従業員の心のコンディションの変化を「晴れ」「曇り」「雨」などのマークで可視化し、離職可能性の早期発見につながる同アプリの利用を物流施設の入居企業へ促すなど、カスタマーに対する雇用対策支援の充実化を図る。

業務提携による当面の取り組みとしては、入居企業によるアプリの利用や、カスタマーへの情報提供を目的に、人材定着・離職防止に関するセミナーの開催を予定。

今後については、入居カスタマーとテガラミル、プロロジスの3者協働による、カスタマーが雇用するアルバイト・パート従業員の定着率や、就労意欲等のデータ収集・分析などの取り組みを検討している。

プロロジスが世界で運営している3700棟の物流施設は、5100社のカスタマーが利用している。今後はこれらの施設で蓄積したビッグデータと、テガラミルとの連携によって得られるデータを活用し、カスタマーへのさらなる価値提供につなげる方針。

具体的な取り組みとしては、施設周辺の採用マーケットについて、従来以上に詳細な分析データの提供による雇用・定着の支援や、採用後の定着を見据えた採用業務プロセスの提案、離職抑制・定着促進のためのサーベイの実施とソリューションプランの提案を想定している。

プロロジスは、従来から入居企業が採用するパート・アルバイトスタッフの確保に焦点を当てたカスタマーサポートを行っている。今後は雇用の確保に加えて、人材の定着が一層課題になるとみて、定着支援を得意とするテガラミル社との業務提携を決めた。この提携によって、物流施設への入居前から入居後まで、雇用に関する一気通貫したソリューションの提供が可能になる。

最新ニュース