楽天、JD.com/日本でのドローンと地上配送ロボット導入で合意

2019年02月21日 

楽天とJD.comを運営する京東集団は2月21日、楽天が日本国内で構築する無人配送ソリューションに、京東のドローンと地上配送ロボット(UGV)を導入することに合意したと発表した。

<ドローン>
ドローン

<UGV>
UGV

<UGVの実演走行>
UGVの実演走行

<UGVから宅配物を引き取る>
UGVから宅配物を引き取る

<楽天の安藤公二常務執行役員から楽天のロゴが入ったどら焼きを肖軍総裁へ>
楽天の安藤公二常務執行役員から楽天のロゴが入ったどら焼きを肖軍総裁へ

両社は、今回の合意に基づき、 中国国内で多くの実績がある京東のドローンとUGVを、楽天が持つドローン配送の運用ノウハウと専用ショッピングアプリなどのITソリューションと組み合わせることで、使用用途や場面に応じた楽天の無人配送サービス提供に向けて、連携を進めていく。

京東は、2015年よりドローン開発に着手し、2016年に江蘇省、陝西省およびその他の省の中国農村部で世界初の商用ドローン配送を開始し、これまでに40万分以上の配達飛行を行なっている。2019年1月にはインドネシアで同国初となる政府承認ドローン試験飛行の成功を発表し、インドネシアおよび東南アジアでの商用ドローン基盤を構築した。

また、2017年に発表した宅配用のUGVは、複数の大学構内に導入され、現在一部の都市でも運行している。2018年11月には中国長沙市、フフホト市に中国初の「無人配送車スマート配送ステーション」を設立し、 ラストワンマイル物流を大きく変えてきた。

楽天は、2016年にドローン配送ソリューションを提供するサービス「楽天ドローン」を開始し、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねている。

2018年には、ドローンとUGVを組み合わせた配送実験を初めて実施し、日本の物流分野におけるラストワンマイルの課題解決に向けて始動した。

今回の提携は、京東集団のX事業部が開発した地上配送ロボットのUGVと商用ドローンを楽天に提供し、楽天はUGVとドローンを利用したさまざまなソリューションを構築し、ラストワンマイル、無人配送サービス提供にチャレンジするもの。

<左から楽天の向井秀明ドローン・UGV事業部ジェネラルマネージャー、安藤公二常務執行役員、京東集団副総裁の肖軍総裁、JD.com京東日本の荒井伸二日本業務最高責任者>
左から楽天の向井秀明ドローン・UGV事業部ジェネラルマネージャー、安藤公二常務執行役員、京東集団副総裁の肖軍総裁、JD.com京東日本の荒井伸二日本業務最高責任者

楽天の安藤公二常務執行役員は「中国国内で最先端の自社配送網を保有し、ドローンとUGVを用いた配送においても実績やノウハウのある京東と連携できることを大変嬉しく思う。京東のドローンとUGVを私どもが構築する無人配送ソリューションに導入することで今後、日本の物流分野におけるイノベーションを加速させ、多くの人々に利便性を感じてもらえるような社会の構築に貢献していきたい」とコメント。

さらに、具体的な発表は控えたものの、「ドローンはこれまでは実証実験が主で、実用化でも期間限定、場所限定だった。今後は定期的に飛ばせる定期運行を目指したい。それも年内には発表したいと思っている。UGVについては、まだ公道で走ることが出来ない。国も2020年までにはルールを改正したいとしているので、それまでにはソリューションを構築していきたい」と述べた。

京東集団副総裁でX事業部の肖軍(ショウジュン)総裁は「ドローンとUGVは従来の配送コストを削減し、運送時間を短縮することも可能にする。ドローンは山地や離島配送、緊急救助などの分野で日本での応用も大いに期待される。京東は独自のドローンとUGVを活用した無人配送技術を積極的に研究し、世界中の人々に新しいショッピング体験を提供したい」と話した。

また、中国でのドローンビジネスでの成果と採算を問われた肖軍総裁は「四川省の例では、車が通ることのできない場所に人力では4時間かかる場所にドローンでは5分で届けることができた。逆に北京周辺10㎞圏内は不経済。私たちとしては、困っているところ、本当に必要なところに届けることに意義があると思っている。ただ、そのバランスをとることは大切」と続けた。

さらに、ドローンとUGVの日本展開について、「さまざまな企業とパートナーを組みたいと思っている。EC事業者や物流事業者だけでなく、全方位で展開したい。自動化やサプライチェーン等で協力が組めると考えている。世界展開については、すでに、インドネシアやタイで拠点を設けている。まずは、近くの日本や韓国、そして東南アジアで足場を築いていく。さらには、欧米からも話が来ているが、第一段階は近くの国からと思っている」と述べた。

■導入を予定している機体の概要
ドローン
サイズ:幅160cm×高さ60cm
最大積載量:5kg
最長飛行距離:16km
最大飛行時間:40分
UGV
サイズ:縦171.5cm×幅75cm×高さ160cm ※高さは上部センサー含む
最大積載量:50kg
最大走行時速:15km/h ※速度制限は可能

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集