ホンダ/2021年中に英国・トルコ法人の完成車生産を終了

2019年02月20日 

本田技研工業は2月19日、自動車のグローバル生産体制を再編すると発表した。

電動化への対応を強化するため、グローバルで生産配置と生産能力の適正化を進め、電動化の加速に対応した生産体制を構築する。

その一環として、英国の四輪車生産会社ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドでの完成車生産と、トルコの現地法人ホンダターキー・エー・エスでのCIVICセダンの生産を、ともに2021年中に終了させる。

なお、欧州地域本社のホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、引き続き英国に本社を置き、欧州の顧客ニーズに応えていくとしている。

■ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド概要
設立:1985年2月
所在地:英国・ウィルシャー州スウィンドン市
資本金:6.7億ポンド
出資比率:本田技研工業13.7%、HME86.3%
事業内容:四輪車のエンジン、完成車生産
従業員:3500名
生産開始:1989年(エンジン)、1992年(完成車)
主な生産機種:Civic Hatchback、Civic Type R

■ホンダターキー・エー・エス概要
設立:1992年4月
所在地:トルコ・コジャエリ州
資本金:2.8億トルコリラ
出資比率:HME100%
事業内容:四輪車の製造・販売、二輪車の販売
従業員:1100名
生産開始:1997年(完成車)
主な生産機種:Civicセダン

■ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド
設立:1992年4月
所在地:英国・バークシャー州ブラックネル
資本金:6.6億ポンド
出資比率:本田技研工業100%
事業内容:輸入販売、欧州地域統括
従業員:300名

最新ニュース