東洋水産/即席麺商品を値上げ、物流費の高騰も一因

2019年02月20日 

東洋水産は2月19日、6月1日出荷分より、即席麺商品の価格改定を行うと発表した。

価格改定率は希望小売価格の約5~8%アップとなる。

即席麺商品の製造に係る原料費の上昇に加え、包材費、物流費、人件費等も高騰しており、今後も即席麺商品の生産・供給コストは引き続き上昇するものと予想。

このような環境の下、生産の合理化、資材調達や物流の効率化に取り組み、コスト削減に向けた企業努力を重ねてきたが、消費者に満足してもらえる品質の商品を安定的に届けるためには、商品の価格を見直さざるを得ない状況となったもの。

最新ニュース