NSユナイテッド海運/LiB搭載型の内航鋼材船を就航

2019年02月19日 

NSユナイテッド海運は2月18日、グループ会社のNSユナイテッド内航海運がリチウムイオン電池(LiB)搭載船「うたしま」を2月27日に就航させると発表した。

<試運転航行中の「うたしま」>
試運転航行中の「うたしま」

うたしまは、船主の向島ドックと、船舶用電機システムを構築した西芝電機、同船を建造した小池造船海運が共同開発した最新鋭の省エネ船。総トン数は499トンで、就航後は新日鉄住金の鋼材製品輸送に従事する予定となっている。

内航貨物船として初めて、リチウムイオン電池を利用したハイブリッド推進システムを搭載しており、動力源にはディーゼルエンジンと、推進電動機兼軸発電機の2つの異なる推進機関を装備した。

これにより、太平洋上などをディーゼルエンジン運転で航行しながら、同時に軸発電機を回転させてリチウムイオン電池を充電。充電した電力のみで、内燃機関を使わずに東京湾や大阪湾などの湾内を運航可能で、CO2排出をゼロとする「港湾内ゼロエミッション」を実現できる。

また、推進電動機での航行時は、低騒音、低振動で、船員の労務負荷もディーゼルエンジン運転時より低く、さらには荷役、停泊時の船内電力もリチウムイオン電池から給電することで、停泊時の無騒音、無振動の船内環境を確保することが可能。

うたしまに搭載されるリチウムイオン電池の総容量は3500kWhで 、リチウムイオン電池を搭載する一般的な普通自動車2700台分に相当する。

■うたしま主要目
総トン数:499トン
載貨重量:1700トン
主要寸法:全長76.19m×幅12.00m×深さ7.13m
航海速力:11.0ノット
最大搭載人員:7名
主機関:阪神内燃機工業 LA-30(1800PS)
推進電動機兼軸発電機:西芝電機(発電180kW/推進300kW)
電池充放電システム:西芝電機(放電711kW/充電120kW)
リチウムイオン電池:東芝インフラシステムズ SCiB(3500kWh)

最新ニュース