ONE/日本発アジア向けコンテナ船輸送のサービス改編

2019年02月19日 

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)ジャパンは2月19日、2019年度日本発アジア航路のサービス概要を発表した。

従来からの主な変更点としては、タイ・南ベトナム向けのうち、JTV1(Japan Thailand Vietnam 1)の東京、JTV2(Japan Thailand Vietnam 2)の神戸をシングル寄港とし、スケジュールを安定化させる。

また、JTV3(Japan Thailand Vietnam 3)の往航で、台湾・華南寄港地を追加。

香港・海峡地向けでは、JSM(Japan Straits Malaysia)を既存の3隻から4隻体制とし、スケジュールを安定化させるとともに、清水寄港を追加し、香港・シンガポール・マレーシア向けに競争力のある直行便を提供する。

また、休止したJSM2の後継サービスとして、新たにJSM3(Japan Straits Malaysia 3)を開始する。

最新ニュース