新東名/厚木南IC~伊勢原JCTが3月17日15時に開通

2019年02月19日 

NEXCO中日本は2月19日、新東名高速道路(新東名)の厚木南IC~伊勢原JCTまでの間(延長約4km)が、3月17日15時に開通すると発表した。

<位置図>

また、「伊勢原(いせはら)JCT」と「伊勢原大山(いせはらおおやま)IC」の名称が決定した。

新東名高速道路は、海老名南JCT(神奈川県海老名市門沢橋)~豊田東JCT(愛知県豊田市岩倉町)間、約253kmを結ぶ高速道路で、これまでに海老名南JCT~厚木南IC間(約2km)、御殿場JCT~豊田東JCT間(約200km)と、東名と新東名を結ぶ連絡路(清水連絡路、引佐連絡路)が開通している。

<東名・新東名によるダブルネットワークの形成>
東名・新東名によるダブルネットワークの形成

<物流の効率化>
物流の効率化

期待される主な開通効果として、東名・新東名のダブルネットワークの形成および渋滞緩和と、神奈川県西部地域の経済活動を支援~物流の効率化~を挙げている。

企業からは、「厚木南IC~伊勢原JCTが開通すると、特に週末などに混雑する厚木ICを回避でき、東名下り方面を利用したいときは便利になる(物流企業)。「寒川町周辺は人口が多く、地価が安いため、工場を立地した。厚木南IC~伊勢原JCTが開通すると、配送のトラックが東名を利用する際に、現在は圏央道から海老名JCT経由で利用しているが、今後は厚木南ICから利用すると考えている(食品企業)との声が挙がっている。

■概要
道路名(路線名):新東名高速道路(第二東海自動車道横浜名古屋線)
開通区間:厚木南IC(神奈川県厚木市下津古久)~伊勢原JCT(神奈川県伊勢原市東富岡)
道路諸元
 開通延長:約4km
 道路規格:第1種第2級(完成時:第1種第1級)
 車線数:4車線(完成時:6車線)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集