商船三井/水中ドローンを使用、船底点検に関する実証実験を実施

2019年02月19日 

商船三井は2月19日、セキド、MOLマリンと、MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を水中ドローン(水中ROV)を用いて確認する実証実験を2018年9月19日に実施したと発表した。

<船外機器状況確認の実証実験の様子 右下が岸壁、上側が船体>

<水中ドローンを操作>
水中ドローンを操作

<実証実験中>
実証実験中

<実験動画>

実証実験では、水中ROVを用いる事により、海面下の船外機器の故障・破損の有無や、船底汚損状況の把握についての実用性を検証した。

実証実験の結果、水中ROVの操作性や撮影した画像の精度を確認し、従来のダイバーによる確認と代替可能な手段として効率的かつ安全・確実な方法であることが確認できた。

一般的に、船外機器や船底の汚損が生じると、船速の低下や燃費の悪化等、本船の運航に影響を及ぼす可能性があるため、当該部の定期的な点検や清掃を行う必要がある。

そのため、従来は、ダイバーを起用した潜水での点検作業を行ってきたが、気象・海象が作業に影響を及ぼし、時間と費用が嵩むケースがあった。

最新ニュース