インフォアジャパン/商流と物流を柔軟に定義するマルチサイト機能追加

2019年02月19日 

インフォアジャパンは2月19日、製造業向けInfor LNおよびクラウドERPに生産性向上のための新機能を追加したと発表した。

機能追加したのは、組立製造業向けERP「Infor LN」、自動車業界向けクラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」、大規模組立製造業向けクラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Enterprise(旧名Infor CloudSuite Industrial Machinery)」の3つのERP。いずれも、スピードと柔軟性、俊敏性を高める機能強化を行っている。

追加された主な新機能のうち、マルチサイト機能は、多様なグローバルオペレーションに対応するための、企業内及びグループ会社間での商流と物流を柔軟に定義できるもの。

また、ユーザーエクスペリエンスの向上では、従来の使い易いユーザインターフェースをさらに進化させ、拡張性のあるパーソナライズ機能を備えたワークベンチと、ユーザーの役割別ホームページを強化した。

さらに、拡張性の向上では、ソリューションのパーソナライズ化やレポートの設定変更、ビジネスロジックの追加の拡張ツールを強化しつつ、継続的な技術的アップグレードにも対応する。

これらの機能強化は、自動車やハイテク・電子・電機、産業用機械・機器製造、大規模産業用機械製造などの組立製造企業にとって、コストのかかるカスタマイズを必要とせず、ビジネスの目標と実際の業務プロセスの整合性をより高めることに役立つとしている。

最新ニュース

物流用語集