川崎重工/インドで建設機械用油圧機器の新工場を完成

2019年02月18日 

川崎重工業は2月18日、インドにおける建設機械用油圧機器の製造・販売・サービス拠点であるWipro Kawasaki Precision Machinery Private Limitedに新工場を完成させ、2月16日に開所式を行ったと発表した。

<新工場の外観>
新工場の外観

新工場は、インド市場において油圧ショベルの需要が高まっていることから、現地の建設機械メーカーからの油圧機器需要に応えるとともに新規需要の開拓を目的に、現在の工場と同じベンガルール市内に建設した。

新工場が稼働することによって、総工場建屋面積が2倍の約6000m2となり、生産能力を2018年度比で2倍の年間4万台に増強する。これにより、従来以上に顧客生産変動へのフレキシブルな対応が可能になる。

なお、インドでは、高速道路や鉄道網整備、港湾開発などへのインフラ投資の活性化を受け、建設機械メーカー各社は増産を図っており、短期的な需要変動はあるものの拡大基調にある。油圧ショベル需要については2025年度に年間4~5万台規模まで拡大すると予測され、中国に続いて、旺盛なインフラ整備が見込まれ、中長期的な成長が期待されている。

川崎重工では、今回生産能力を増強したインドをはじめ、日本・英国・米国・韓国・中国を軸とした世界6極体制を整備している。市場拡大が著しい油圧機器市場において、高品質・高性能な製品の開発・提供とアフターサービスの充実をより一層グローバルに推進し、総合的な顧客満足度の向上を図っていくとしている。

■新工場の概要
所在地:インド カルナタカ州 ベンガルール市
敷地面積:1万2500m2
建屋面積:3000m2
生産品目:油圧ポンプ・モータ
生産能力:2万台/年
生産開始:2019年4月

最新ニュース